ムダ毛の自己処理方法

カミソリで剃ると毛が濃くなると言われていますが、実際にはそのようなことはありません。カミソリは皮膚に沿って当てていきます。毛は皮膚に対して斜めに生えているので、皮膚に合わせて剃っていくと毛は斜めに切断されます。毛の断面も斜めになります。その状態のまま、再び伸びてくるので、見える毛の断面の面積が以前より広がっているということです。

実際に毛が濃くなっているわけではないのですが、濃く見えてしまうということです。実際太くなっていなくても、そのように見えてしまうのでいずれにしてもあまり良くありません。

カミソリは毛だけではなく地肌も一緒に削ってしまうため、ヒリヒリと炎症になってうかもしれません。また続けて使用すると黒ずみにもなってしまいます。自己処理のリスクはいくつもあります。カミソリを使うと簡単にできますが、週に何回も剃らないと、またムダ毛が生えてくるので、何度も、処理するのが面倒くさいのです。それに、カミソリの刃により肌トラブルの原因になる場合もあります。お肌の弱い場合は、カミソリ負けをしてしまって肌に悪いです。いつもムダ毛に剃刀を当てているという方もおられますが、毎日やっているとご自分の皮膚へのダメージが劣悪状態になり、色素沈着が齎されることになると言われています。

クリーム、脱色、ワックス…自己処理は肌への負担が大きい

脱色剤は薬品自体が強いもので、お肌に負担がかかります。自己処理による脱毛は、エステなどに通うのに比べれば、手軽にできて高額な料金も必要ありません。したがって、自分で処理する人は大半を占めていると思います。格段に多いのは、ピンセットで引っこ抜いたり、クリームで溶かす方法みたいですね。どっちも手軽に除毛できますね。しかし、処理後の処置を正しく行わないと、疼痛を起こしたり、表皮を傷つけたりすることがあります。

除毛クリームを肌に塗ると、肌の表面にあるムダ毛をきれいに処理します。タンパク質のみを溶かす成分で、ムダ毛を溶かす方法で毛根や毛母細胞に働きかけるものではありません。肌表面にある体毛に作用していく仕組みであるために、脱毛という定義には合致せず、厳密に言うなら、脱毛ではなく、除毛です。ある程度は、ムダ毛処理不要な状態にすることは可能なのです。

いずれにしてもお肌に負担がかかるので除毛や脱色後はお肌のケアが大切です。お肌に負担のかかることは避け、しっかりと保湿してください。化粧水できちんと水分をお肌に与えてください。

除毛や脱色以外で自分でできる方法ですと、脱毛のみです。脱毛剤やテープ、ワックスなどがあります。おへそ周りや胸の間の毛も脱毛剤を使用した方が綺麗になると思います。脱毛剤を塗ります。そのまま放置すると固まるので剥がします。脱毛剤は毛穴まで入り、毛を溶かす薬剤です。効果は毛抜きで抜くのと同じなので、しばらくすると再び生えてきます。脱毛後は綺麗ですが、これもやはりお肌に大きな負担がかかります。継続して使用することでお肌が耐えることができず、炎症や黒ずみなど何らかの症状が現れます。

この先ずっと毛の処理を続けていくのでしたら、きちんとプロに脱毛してもらうのが良いと思います。脱毛エステの期間限定企画をタイミングよく使うことで低コストで脱毛を受けることができますし、処理する場合に引き起こされる毛穴のトラブル又はカミソリ負けなどの傷も生まれづらくなると考えています。お肌のためにはもちろんですし、手間もかからなくなります。費用はかかりますが、それが一番良い方法だと思います。

神戸 脱毛
神戸の女の子は、リアルに美を楽しむ方が多いです・・・そんな神戸の注目店へ紹介します。
http://www.xn--0ou97spkl7sh.jp

Comments are closed.